FC2ブログ

hiru's雑記(blog)

Wカップ 日本代表

ジブンも含めてだけど日本人って・・・本当に身勝手だなぁ。

大会が始まる前、国内での練習・親善試合で負け、スイスでの直前合宿でも連敗し続けるとすると誰もが文句を
言っていたのに・・・。
「岡田監督、辞めろ!」と散々、それこそ精神的に追いつめられるほどボロクソに言っていたのに・・・。
「どうせ一勝もできないんだろ」と始まる前はほとんど関心を持っていなかったのに・・・。

それが、昨夜の決勝トーナメント初戦は“国を挙げて”といっても過言でも無いほどの盛り上がりぶり。
瞬間最大視聴率は65%を超えたとか。

この、手のひら返しの日本国内での熱狂に・・・。
一番違和感があったのは現場で闘っていた監督と選手達だったでしょうね。

「お前らのために闘ってるんじゃねぇよ!ジブン達のプライドのためなんだよ!」と云われているようで心苦しいです。
試合後のインタビューで諸選手達はその怒りと白けを心の中にグッとしまい、大人な受け答えに、さらに恥じ入って
しまいました。


熱しやすく醒めやすい国民性といえばそれまでだけど、ふつうなら昨夜の死闘を素直に讃えて感動の嵐で終わらせたい
ところなのですが、どうもジブンの行動を振り返ってみると心のどこかが痛い・・・。


でも、そんな理屈は抜きにして昨夜の試合には感動しました。
まさにドラマ以上のドラマを共有できたことは貴重な体験でした。


スポンサーサイト
  1. 2010/06/30(水) 21:47:35|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪雨がやってくる!?

サッカー日本戦を観るために21時前に帰宅したのだけど。
いま、部屋の照明が結構チラチラと不安定・・・。

このパターンって落雷があって電気の送電ルートが刻一刻と切り替わっている時の感じ。
これは今までの体験なのでまず間違いないと思う。

東京アメッシュというほぼリアルタイムで降雨状況がわかるサイトを見ると・・・東京北部が「猛烈な雨」に
見舞われている模様。
おそらくは、落雷がその地域で起きているのだろう。

雨の推移を追ってみるとあと10分もするとここも豪雨の中に入りそう。

23時からパラグアイ戦が始まるっているのに・・・。
停電なんかになったらタダじゃ済ませないぞ!


  1. 2010/06/29(火) 21:12:25|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あとちょっとで400m

何がって?

東京スカイツリーの高さ、です。
現在、398mなのだとか。

間近で見ると見上げても全容が見通せない高さです。
この角度からだと「巨大なマッチ棒」もしくは「巨大なマイク」みたい。

20100628_1.jpg

というよりも、建設途中の超高層建築物のほぼ足元に近いところまで一般人が近づけるというのが驚きなわけで。

業平橋駅のホームの目の前がツリーの根元で、すぐそこで工事しているのですよ。
この駅には初めて踏み入れましたが圧巻です。

20100628_3.jpg


そして、業平橋駅から浅草駅に到着し、ふとスカイツリー方面を振り返ると・・・。

20100628_2.jpg

でました!名所同士のコラボ。
隅田川越しに望む、フィリップ・スタルク作「炎のオブジェ」と東京スカイツリーと吾妻橋。
これはものすごい構図の「画」ですね。
この角度から皆さん写真撮ってましたので、ついついジブンも参加してパチリとね。


今日はイライラするほど蒸し暑く・・・外を歩くだけで汗ビッショリになってしまいウンザリ気分だったのですが
スカイツリーが見える光景はそんなイヤな気持ちを吹き飛ばしてくれました。

理由は上手く語れませんが、晴れ晴れ&爽やかな気分にさせてくれるという感じかな。
高層建築を見るとその驚異の高さに股間がスーッとするのかも・・・。


  1. 2010/06/28(月) 22:30:25|
  2. おでかけ・街ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そーなのぉー、ビンテージ武井

面白いね、この人。

きょうの「世界の果てまでイッテQ!」で若槻千夏の代わりにスペインにマグロ釣りに行っていたけど。
この人の行動はいつも“中略”なのですがダイジェストで流される映像だけ見ても面白いですからね。

前半部の宮川大輔の「世界の祭シリーズ」も霞んでしまうほど。

すでに露出が上がってきていますけど今後も要チェックです!
ビンテージ、武井。

オフィシャルブログ まであるんだね、そーなのぉー。 


  1. 2010/06/27(日) 21:09:26|
  2. エンタメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クーラー付けっぱなし

うーん、蒸し暑い・・・。
週末、特に今日は雨の予報だったのでは?

昨日の昼ごろに来客があるので取り敢えずクーラーのスイッチを入れて、今日の15時過ぎまで付けっぱなし。
外出するために一旦、OFFにしたものの、蒸し暑くて汗ダラダラで帰宅したので再びスイッチON。
今に至る・・・って感じです。

温度設定は28℃。きっと外の温度もそのくらいなのだろうけどクーラーは湿度が程良いので爽やかなんです。


もうー、なんなのでしょうね。
この地が暑すぎるのか、身体の温度調整機能が衰えてきたからなのか、今年は早くもクーラー無しではハナシに
ならない状況になりました・・・。


  1. 2010/06/27(日) 19:15:01|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日の飲み

ちょうど一年ぶりになりますが、我が家で集まりがありました。
格好良くいえば「ホームパーティ」っていうのでしょうけど、実質的には「真っ昼間からの飲み会」です。

昨年もそうでしたが14時頃から始めて、そのうちに記憶が断片的になり・・・。
気がつくと、いつのまにかみんな帰ったあとでソファで寝ていると。
で、そのままソファで寝てしまい日曜日の朝を迎える。
今年はそうなるまいと意識していたのですが、全く同じパターンでした。

「うーん、17時以降の記憶が・・・」

ま、ちゃんと鍵もかけて寝ていたから最後に帰った友人のお見送りはしているのでしょう。
(誰がどのタイミングで帰っていったのかまでは不明だけど・・・)

こういう会も立て続けに開催すると飽きもきますが、たまにだと面白いものです。
さほど広くもない部屋に8人も集まると少々窮屈ではありますが・・・。

チャンポンした割には今日は二日酔いも無く、これは楽しい飲みだと精神的にも酔い的にも良いのかも
知れませんね。


  1. 2010/06/27(日) 18:51:59|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クールビズ考(その3)

いやいや、書きたかったことはそういうことではなく・・・。
(その3)にして、やっと。


お題「クールビズシーズンのシャツ」

ジブンはボタンダウンのものをチョイスしています。ま、一年中基本的にはボタンダウン(以下、BD)なの
でクールビスだからとわざわざシャツを替えるという訳ではありませんけど。
ありませんが、持っているBDはホワイトかブルーが多いのです。

このカラーが、クールビズには・・・。
ホワイトは無難すぎる。といいますか、ジブンとしては全然気にならないのですが、同僚とかに「もっとお洒落な
ものを着たら?」とかたまに云われます。
白シャツ&スラックス姿は中学生(除く、体型と見た目)のように見えるのでしょう。
BDのオリジン、BrooksBrothersなのになぁ・・・(とは口に出しては云いませんけど。オトナだから)

ブルーは今はまだいいけど、これからの酷暑の時期になると、気になるのは汗シミです。
首周りとか脇とか腕周りとかに汗が目立つので登板が減ってしまうわけで。
外出が多い汗かき人間の悲哀です。

ブルー/ホワイトの細ストライプとか、ホワイトベースの柄もの、同じくホワイトベースのヘリンボーンか
ジャガード等の“織り”で変化をつけたシャツなども併用しつつ夏を乗り切ろうと考えています。
あくまでも基本に忠実なBDの綿100%のシャツ、BrooksBrothersか鎌倉シャツですね。


でも、一般的に人気があるだろう「クールビズのシャツ」というと・・・。

20100624.jpg

あくまでもツッコミたいところが集約していた画像だったので「一例」として。(他意はありませんので悪しからず)

「二重に重なった襟」「内首部のデザイン」「カラーボタン」「ボタンのカラー糸」、そして「半袖」
「ボタンホールの糸」がわざわざ目立つカラー糸というのもよく見かけます。

ノータイシャツ姿だからアクセントが欲しいという人の感性に合ったことは確かなのでしょう。
ジブン調べではありますが、街ゆくサラリーマンの5人に1人以上はこの手のシャツを着ているように感じます。

でもね、これはドレスシャツとは呼べないなぁ。ドレスコードを完全に逸脱してますよね。
人それぞれの好みだといわれればそれまでだけど・・・。会う人がこのシャツを着ていたらちょっと目のやり場に
困ってしまいます。
売れれば何でもありみたいな「商業的シャツ」はいくらなんでも。完全に日本発の「変なシャツ」です。

こういうシャツを着るのだったら地味といわれようが白シャツを誇りを持って着通します。

これが書きたかったこと。まったく大したことないハナシだけど。


  1. 2010/06/24(木) 23:59:13|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クールビズ考(その2)

前の記事では、思わず懐かしさがこみ上げてしまい、思い出話だけで終わらせてしまいました。
書きたかったのはそういうことではなく。

クールビズ5年目(ジブンとしては3年目位ですが)にして、壁にブチ当たったというか。

一昨年、昨年くらいは、「ネクタイを締めないことによる自由闊達さ」に感激していたうちに夏が過ぎていった感じ。
ノータイは“体感温度が2℃下がる”というけど、これは本当にそう感じる新鮮な体験でした。
汗かきのジブンには両手をあげて歓迎していたもの。

だけど、今年はちょっと違うんだな。
確かに、街を往くビジネスマンもクールビズにすっかり馴れてきたのか、ノータイ姿にも違和感をおぼえなく
なりました。
だけど、気の緩みというか「ただのだらしのないサラリーマン」にしか見えない人も多くなった感じもするわけで。
いつものスーツ姿に「ネクタイを外しただけ」という格好は、終電近くの酔客と変わらない・・・。

この要因はどこにあるのかと考えるに、「シャツ」という結論にたどり着くのでは。
ノータイ&第一ボタンを開けるという姿を格好良く着こなすのはかなり難しい。いや、最も難しいかも。
特に、レギュラーカラー(襟)やワイドカラー(襟)はタイを締めてこそサマになるわけで、ノータイだと中途半端に
襟が拡がってしまうので、この種の襟シャツを格好良く着こなせる人は皆無でしょう。

サマになっている人は、シャツの選択が上手いのだと思う。
それは、カラー(襟)しかり、柄しかり。

更に云えば、第一ボタンを開けると中のシャツ(いわゆる下着)が見えている人もかなり多い。
これはかなり悲しい光景・・・。悲哀を感じずにはいられません。
暑い夏に下着無しは厳しいから丸首ではなくてVネックあたりがボタンを開けても見えないのでお薦めですよ。

でもクールビズのためだけにシャツと下着を新調してもらえるほどお父さんは優遇されていないわけで・・・。
なので、いままでのシャツと下着をそのまま着ざるを得ない・・・。
という家庭の事情が垣間見えて、それがクールビズのシャツ襟付近に現れている・・・ような気がして。
考えすぎ?


  1. 2010/06/24(木) 23:57:03|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クールビズ考(その1)

今年も。
クールビズの季節に突入し、早一ヶ月が経とうとしております。

このクールビズ、時の総理大臣コイズミさんが提唱し始まったものだそう。
「いいね、ドゥエ」と云ったとか云わなかったとか、都市伝説のように語られていた頃が懐かしいわけで。

ドゥエボットーニ。
台襟にボタンが2個ついたシャツ。
いまや一世を風靡した「あー、ああいうのあった」的なアイテムと化しつつありますけど。
いや、まだけっこう流行っているのかな。ジブンは一枚も持っていないし売場でも見る気が無いからわかりませんが。

ともかく。
一時期、クールビズ=ドゥエと云うほど2つの言葉が結びついていましたよね。
あの頃、コイズミさんとドゥエという言葉も結びついていましたね・・・。(こちらはあくまでもイメージですが)

2005年のハナシです。
(そう、クールビズって2005年から始まったもので、まだ5年目ってことなんですね)


  1. 2010/06/24(木) 22:12:43|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FedExよ・・・

今日、関税請求書が届いていた。
なんとまあ、お早い処理だことで・・・。

海外から荷物が日本国内に着いてから家まで届けてもらうのと、荷物着後から請求書が届く期間がほぼ同じ。
何気ないけれど、こういうちょっとした所作が要らぬ反感を生むのだなぁ。

それは、つまり。
顧客満足度向上よりも、関税を取りっぱぐれるな、一刻も早く請求してやれ的なFedEx側のご都合をどうしても感じて
しまうから。ドライというか、あまりにもビジネスライクな対応すぎる・・・。
たとえそんな気がFedExに無いにしても、客はそう感じてしまう、のだ。

海外からの輸入なのだから関税を払うことに文句は無い。でも、支払うからには、やはり気持ちよく納めたい。
その気持ちを逆撫でするのがどうも・・・。


BrooksBrothersは海外発送は有無を云わせずにFedExに委託となっているようだが、これユーザー側で配送業者を
選択できないものだろうか。
なんだかBrooksBrothersのイメージにも決して良い影響を与えていないと思う。


海外への直オーダーという、個人輸入の時めきとワクワク感が、最後の最後で後味の悪い思いをしてしまう・・・。
最も記憶に新しい出来事だから質(たち)が悪い。
もう一度や二度のハナシではないので、ついグチを書きたくなってしまう。


  1. 2010/06/21(月) 21:28:22|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムダ使いはやめよう・・・なるべく。

振り返ってみると「必要の無いものまで買ってしまう」ことが多い。

「シャツ」や「シューズ」などはその典型で、もう一生分を購入してしまったのではと思えるほど・・・。
他にも、「財布」とか・・・「時計」とか、も。
このブログのネタを見返してみても如何にムダ使いが多いかがわかるものねぇ。
(カテゴリー「買い物・ブツヨク」を参照)

いや、そのムダ使いで購入したブツは、既に一生かかっても身につけることが出来ないほど、かも。
「かも」、って云うよりも「確定」だね。

完全にキャパシティを超えている感じ。
わかっちゃいるけど・・・。
ストレス発散で買い物してしまう、ってこともあるわけ。


とはいうものの。
夏ボーナスは驚くほど減る予定だし、そろそろ真剣にムダ使いは抑制していかないと・・・としみじみ考えた、この週末。
全てはジブンの意識(心がけ)次第なのだけどね。


  1. 2010/06/20(日) 20:47:11|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懲りずに痛飲

今朝6時直前にタクシーで帰宅。

歓迎会に参加し一件目は21時前に終わったのになぁ。
二件目に6時間以上居た計算・・・。ま、最後は寝ていたんだけど。

帰宅後、泥のように眠り、起きたのは15時・・・。

懲りないなぁ。
我ながら呆れるよ。


  1. 2010/06/19(土) 19:34:14|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊谷-高崎-前橋-伊勢崎

ロンドンーパリ-ミラノーニューヨーク、だとカッコいいのですが・・・。

今日は東京でも30℃を超えるとか、天気予報が出ていました。
今年一番の暑さかも、とか。

そんな今日、いつもより早起きして群馬方面へ。
ご存じ「熊谷」は日本で一番暑い街として有名ですから、先のような予報が出ていた今日、通過しただけにせよ
少々ウンザリです。

群馬の各街々は、覚悟していたよりも蒸し暑さはなく爽やかではありましたが、陽射しはきつかったのでしょう。
いま、耳の上部あたりが日焼けしたのかちょっと痛い感じなんだなぁ。


  1. 2010/06/17(木) 22:40:11|
  2. おでかけ・街ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たかじんの「東京」

以前、大阪のカラオケ締めの定番として「月のあかり」(桑名正博)が有名だと書きました。
ま、「秘密のケンミンSHOW」(日テレ)の受け売りですが。

 その記事

で、またしてもおなじケンミンSHOWの受け売りですけど。
大阪で東京の歌が人気なのだとか。

その名も「東京」。
歌うは生粋の大阪人、やしきたかじん。

うんうん、確かに聞いたことのあるメロディー&歌詞ですね。
大阪の女が東京の男に対して思いを綴った歌だそうで。

曲もいいし、たかじんが格好良く歌ったからそれをマネしたくてカラオケで歌い始めたというのが真相なのでしょう。
この歌もイイ歌です。


  1. 2010/06/17(木) 22:12:08|
  2. おでかけ・街ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーん、蒸し暑い・・・

まさに、梅雨の谷間。

今日はウンザリするほどの蒸し暑さ。
朝の通勤時間帯に雨が降っていたものの、その後の天気予報は見事にハズれ、陽射しが痛いほどのピーカン。
おかげで気温と湿度が上がって、耐え難い一日に。

大気が不安定だからか、夕方の西空は真っ暗・・・。
いまにも一雨(ひとあめ)来そうなイヤーな雰囲気。

20100616_1.jpg
これでも、まだ17:30頃なのだ。にしても不気味な空・・・。(画像クリックで大きい画に)

ほどなく、怒濤の土砂降りに。
しばらくは足止めをくらって雨宿りを余儀なくされましたが、それでもだいぶ濡れてしまった・・・。


いきなり、こんな「蒸し暑さ」が到来するとウンザリを通り越して気持ちが悪くなるなぁ。


  1. 2010/06/16(水) 22:26:56|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone4って。

先週の8日?でしょうかね。
iPhone4が発表になり、今週から予約開始のようです。
発売は今月末頃?

20100616_2.jpg


もうジブンのiPhone3GSは旧モデルなのか・・・。
昨年の12月中旬に入手し、たった6ヶ月で。ということは、2年縛りなのでまだまだ1.5年は身動き取れないってこと。


最近、電車内や街角でiPhone3GSを使っている老若男女をあちこちで頻繁に見かけていたので、
「ほー、iPhone3GSってかなり浸透しているんだなぁ」と感心していた矢先、なんと新機種iPhone4の発表。

そりゃあ、技術革新の激しいスマートフォン市場ですから毎年(いや半年?)毎に新機種が登場してきて当たり前の
ジャンルですから文句を云うのは酷ってものですが・・・。

最先端ぽいモノを使っていると自負しているであろうiPhone3GSオーナーは、ちょっと複雑な心境でしょう。
iPhone4の登場で、ちょっと人前で使うのが気恥ずかしくなってしまうかも。


それにしても。
ついこの前まで「iPad」が話題沸騰で、それは未だに冷めやらずって状況なのに、このタイミングで新型iPhoneを登場
させるか?って思いますよね。
並のメーカーならばiPad発売から半年間位は煽るだけ煽ってしこたま売り捌いて、ちょっと売れ行きが停滞してきた所で
iPhone投入という小ずるい作戦で行くでしょうけどね。

iPad人気を打ち消し兼ねないタイミングでしょ。それを考えているのかいないのかわからないところがappleらしいわけで。
やっぱり並のメーカーじゃないね。


  1. 2010/06/16(水) 20:20:27|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空白の一日

本日、5本目の記事。

なんでこんなに時間があるのか?
ヒマなのか?
そーなんです、ヒマなんです・・・。

というのも。
早い時期から、日曜日の今日、東京は「曇のち雨」と予報されていましたよね。
梅雨入りか?とまで云われていましたよね。

だから、予定は昨日までに終了させてました。
どうせ今日は雨だろうからゆっくり過ごそう、とね。外が雨なら諦めがつくってもんです。

しかしながら、今日は曇りがちではあったものの途中で太陽も顔を出し気温もグングンと上がって、
「昨日に次いで今日もお出かけ日和」ではありませんか。
こうなると「せっかくの休みが!何かしなければモッタイナイ!」という気分になってしまうのです。不思議とね。

でも、当日に行動を興すと云っても大したことはできません。
近所散策がせいぜいでしょ。
なので昼飯を食べに出掛けてみたものの目当ての店はどこも行列なので一気にその気を無くし、西友で買い物して
帰ってくる羽目に。
なーんかタイミングが合わない一日でした。

雨が降っていれば気持ちの中では問題なかったのですが、予想外のピーカンだったから気持ちに「何かしよう!」
という切迫感が生まれてしまったのがよろしくないのです。

出掛けもせず、何かしなければと急かされ「無意味に記事更新」というどーしようもない行動に出てしまった次第。

で、明日、月曜日朝の通勤時に雨だそう。
只でさえ憂鬱なのに・・・。


  1. 2010/06/13(日) 22:13:38|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BrooksBrothersからシャツ到着

5/28に話題にしていましたが、“やっぱり”注文していました。

 その記事

その荷物が6/8に玄関先まで届いていましたが、不在で持ち帰りとなっていました。日中に来られても・・・。
しかしながら、配送業者のFedExは殿様商売なのか日本国内網が脆弱なのか全く顧客の要望に応えてくれません。
不在通知書を元にFedExに連絡して希望配達時間帯を相談しても、「無理です」の一点張り。
配送時間が17時台までって・・・。

で、提案してくるのは「数日待っていただければ提携業者のドコドコに荷物を委託しますのでご希望に合わせられます」
ですよ。全くの他人任せ・・・。
やはり、FedExは体質改善しないと・・・。
下手したら海外から届く日数よりも、国内に留まり手元に届けてもらう日数のほうが長い、という逆転現象がおこるかも。

そんなこんなで「今回も」国内で大幅に時間が掛かって週末に届きました。
現物を手にする前にクレジット会社からの精算案内が先に届くというタイミングって一体・・・。


閑話休題。
今回は初めて“ちょいと上質な”シャツを注文してみました。
いわゆる「紫タブ」というものです。これ、胸ポケットが無い=エグゼクティブ向けというシャツなのかも知れませんね。
ほら、我々はたいがいペンとかポケットに指しているでしょ。でもエグゼクティブは「口で勝負」だからポケット不要ってこと。
生地も凝ったものでなかなかよろしい感じ。

あっ、もちろん定価だったら手の出せない代物だけど、今回はクリアランスセールを利用して何とか手の届く価格でしたよ。
精算時のレートは、1$=94円換算でしたので約6500円くらい。
これなら充分リーズナブル、というか申し訳ないくらいの質の高いシャツでした。

もう、シャツは着ていない(袋から出していない)ものを含め相当数ありますが、こういうお得な買い方を知ってしまうと
止められないんだなぁ・・・。


  1. 2010/06/13(日) 21:26:30|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

alain mikli

その名前だけは聞いたことありましたが、ジブンには全く関係ないと思っていました。
なので、いままで完全にノーマーク。

アラン ミクリ。

「見るための、そして見られるためのメガネ」。
1978年に、アラン・ミクリは、メガネ業界の伝統をくつがえし、審美性と機能性、デザインと技術を
調和させたメガネを提案した。
元来、メガネとは視力矯正や目の保護を目的としたものである。しかしそれだけではなく、 TPOや
コーディネートに合わせられるアイテムとして、欠点をカバーするのではなく長所を引き立てる
デザインでファッション性を楽しむべきだと考える。 メガネはその人の個性を引き出し、イメージを
変える力を持つ小物でなくてはならない。

アラン・ミクリはメガネをデザインしながらメガネをかける人のファッションやライフスタイルまでも
デザインしている。



この人のデザインするカラフルでファッション的なフレームは今までの常識を覆したといわれているそうです。
人呼んで「眼鏡界の王様」。

とはいうものの。
ジブンなどもそうですが、あまりに斬新なカラーリングとデザインは「似合うわけない」と端から関心の対象外にしてしまいます。

それが。
どういう訳か、かなりリーズナブルに入手する機会がありました。
カラーもブラックとシルバー基調&デザインも落ち着いた感じでこれならジブンでも!と思えるようなフレームです。

20100613_2.jpg



実際に手にしてみて、デザインとカラーリングだけじゃないってことがわかりました。
フロント部とテンプル部の“つなぎ目”、バネ丁番が実に凝った作りになっています。
この丁番部分の程良いテンションが心地よい掛け具合を提供してくれます。ハッキリ云って、スゴくイイ!
(実は、この部分がアランミクリのアランミクリたる所以なのだとか)



せっかく素晴らしいフレームを手に入れたのだから、そのまま放っておくのもナンなので。
この週末、ふたたび和真に持ち込んでレンズ入れをお願いしてきました。
通常でも屈折率1.76の極薄レンズが10,000円という嬉しいプライスなのに、今週は入店しているモール全体のセールで
5%引きになりました。助かりますねぇ。

さてさて、店員と話していてわかったのですが。
レンズ幅が51mmあるのでフレームデザインで多少カバーしてくれそうですけど、端の方は厚みがでそうです・・・。
まあ、毎度のことなので気がついていましたけどね。
折角のファッショナブルなフレームなので“粋”に掛けたいものですが、どうなることやら。
(レンズは取り寄せなので出来上がりは来週以降)


  1. 2010/06/13(日) 16:35:17|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつかの「空」

たしか、5月下旬頃の夕暮れ。

20100613_1.jpg
(画像クリックで大きい画像が。by CyberShotスイングパノラマモード)


  1. 2010/06/13(日) 10:51:53|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都は「コッテリ」?

ちょっと前から気になっていたラーメン屋。
「京都北白川 ラーメン魁力屋」

この店は、武蔵村山市の村山団地あたりの新青梅街道沿いに忽然と現れた新規ラーメン店。
真っ赤なドデカい看板が異常に目立つので、前を通った人は誰もが気になるハズ。(特に、夜は電光でさらに目立つ!)

魁力屋。
名前が怪しげ・・・。

京都北白川って。
関東圏在住者には京都のどこら辺なのか全く不明・・・。

ちょっと不安になりつつ公式サイト(があった!)を見てみると、関西圏には14店あるものの東京にはココだけしかないよう。
つまり、東京初進出ということで貴重な店ぽい。

と、こんな情報を仕入れつつ昼過ぎに訪問してみた次第。
メニューで一番人気の「焼きめし定食」という、ラーメンと炒飯のセットを注文。880円也。

ラーメンは「背脂醤油」がウリのようで背脂が浮いたラーメンが出てきました。
関東では珍しい青ネギが載っています。うん、充分美味しかったですよ。焼きめしもパラパラしててイイ感じ。


京都というと「あっさり」「淡泊」というイメージがありますが、ことラーメンに関しては「こってり」が主流なようで・・・。
こってりスープの代名詞“天下一品”も京都発祥ですからね。
(しかも両社とも「屋台発祥」という共通点も!)

ともかく。
店員は元気で色々と気がついてくれるし「京のおもてなし精神」は心地よかったです。
ラーメンの味云々よりも店員の質が変わらない限り再訪問したいなぁと感じたことは事実ですよ。


  1. 2010/06/13(日) 02:05:54|
  2. 食べ物・飲物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガリッと・・・

明日あたり?
関東でも梅雨入りかも!?、との予報が出ています。

でもそんな気配も見せず今日は朝からかなり陽射しが強く・・・。梅雨入り前の最後の快晴なのでしょうかね。

ということで、車を新しくした時、ジブンの恒例である「奥多摩湖-奥多摩周遊道路-五日市」というドライブを敢行して
きました。

今日の奥多摩路はバイクとバイク、つまり、オートバイとロードレーザーが多かったなぁ。
特に、ロードレーザーの多さには驚くほど。近頃バイクブーム(自転車のほうね)とは聞いていたけど、なるほど納得。
逆に、自動車は驚くほど少なかったなぁ。

20100612_1.jpg
(月夜見第一駐車場からの奥多摩湖 by GR DIGITAL3)

天気良し、行程も程々の空き具合で良し、で快調にドライブしていたら・・・。
一瞬の気の緩みか、左後輪を縁石にガリッ!と。

後で確認したらホイールもガリッと傷ついてました。あーあ・・・。
ホイールだけじゃなくて気分も一瞬にして、凹んでしまいました・・・(文字通りね)。
一足早く(気分は)梅雨入りです。


  1. 2010/06/12(土) 23:15:13|
  2. カーライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼鏡を取りに行く

先週末に発注した眼鏡ができたので受け取りに。
夜22時まで営業しているから助かります。

レンズ端の厚みもフロント自体が厚いから上手く隠してくれていて、まあまあの想定内でした。

セルフレームタイプはレンズ幅がありそうですが、同じ幅のメタルフレームと比べると大きそうに見えて実は幅が
小さかったりします。
高さがあるので大きめに見えるのでしょうね。

フレームの調整もバッチリとしてくれたのでいま掛けているモノと比べても見え方に違和感がなく、良かった。

20100613_3.jpg

出来上がりの泰八郎謹製の眼鏡を見て、鼈甲色にして正解だったと改めて思いました。
「重厚感」よりも「軽快さ」があると、勝手にそう思っています。

そして、セルロイドの艶とノー芯と呼ばれるテンプルに金属が入っていない造りが素晴らしい。
完全なる自己満足ですけど・・・。

職人山本泰八郎さんが手作業で造ったフレームです。
これから、大切に使っていきたいですね。


  1. 2010/06/11(金) 23:55:52|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまったね

FIFAワールドカップサッカー(南アフリカ)が開幕!

昨日あたりから話題が増えてきて、今日はこの話題ばかりです。

今回は、サムライ日本は弱いとか、南アフリカは地理的に遠すぎるとか、で、今までのどの大会よりも「事前の騒ぎ」は
少なかったですけど、始まると連日見てしまうのだろうなぁ。

事実、開幕戦の「南アフリカ×メキシコ」を観戦しているもの。
金曜日のこの時間帯って一週間の内で最も気持ちが安らぐものだから、こんな時に観る世界最大のスポーツイベントは
イイですね。


  1. 2010/06/11(金) 23:51:23|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPad in 電車内

おおっ!!
朝の電車の中、つまり通勤電車の中でiPadで何やらを閲覧している人を目撃。

その人物は席に座って恐らくSafariでインターネットサイトの動画を見ていたようですが、遠くにいたジブンでも
どこかのサイトを見ているとわかるのだから・・・。

近くにいたらもっと詳しく何を見ているか一目瞭然でしょうね。



画面サイズが大きいことはよーくわかるエピソードですけど、これって、なんだか恥ずかしいような・・・。
さすがにそんな人は居ないのでしょうけど、メールや個人的なものは電車の中では絶対に見たくないなぁ。
丸見えでしょ。

iPad、飛ぶように売れているそうですが、ジブンは初めて目撃したので話題にしたくて・・・。


  1. 2010/06/09(水) 22:02:37|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手仕事の魅力に

いろいろと、迷い、悩みましたが・・・。

次期眼鏡フレームは「泰八郎謹製」に決めました。
いわゆる“職人眼鏡”と呼ばれる手造&セルロイド製のレトロチックなフレームですね。

この「泰八郎謹製」、もう7年くらい前に一つ購入してその仕事の丁寧さに驚きました。
フレームの全工程を山本泰八郎さん一人で作り上げていくって、この時代に非常に貴重なことだと思います。
だから月に頑張っても250個くらいがせいぜいなのだとか。一日10個ってところでしょうか。
ブランドの名称通り「謹製」なのです。

いまでは貴重なセルロイドを磨きに磨いて作られるフレーム、その光沢と艶に惚れ惚れしました。
いまも大切に使っていることは云うまでもありません。


以前購入したときもなかなか手にできなかった希少品だったのに、あれから7年。
泰八郎さんも当然歳を重ねているわけで、手造のペースは落ちているだろうからますます貴重になっているはず・・・。

さらには最近。ウェリントン型の特に黒ブチは人気があって、ということは“職人眼鏡”がド真ん中なわけです。
なのでこのタイミングでは入手はきっと難しいのだろうと思いつつ、とあるルートで在庫状況を打診してみました。


いま、気になるのはこのタイプ。

20100606_1.jpg

「EXCLUSIVE-3」というモノで、カラーはDEMI。鼈甲色です。
ブラックも“らしくて”良いのですが、ジブンには合いませんので・・・。誰にも合いそうなのは鼈甲色かなぁ、と。

さて。
在庫確認してもらったら、嘘か真か「ほんの数日前に入荷がありました」とのこと。
実物を見て決めてもらえば良いとの提案に即のって早速取り寄せてもらうことに。
本日、ショップに足を運び実物を確認。イメージ通りだったこと、その光沢と艶に再びやられ、購入決定です。
(ま、取り寄せてもらう時点でココロは決めていたみたいなものですが・・・。上は後付の理由ですね)

少々誤算だったのは価格がまた値上げしていたこと。公式サイトの価格とだいぶ違うのです。
だとしても対価としては充分納得が行く名品に違いはありませんが、ショップでマージン取っているのでは?
とヘンに勘ぐってみたり・・・。


  1. 2010/06/06(日) 21:55:51|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衣替え

本日から夏スーツに。

今年もクールビズが始まりましたが、ここ数日は爽やかな日々で朝晩は冬スーツで全然OKなくらいです。
あまりに爽やかなので、人一倍汗かきなジブンでもいまのところネクタイもキチッと締めて通勤しております。
いまからノータイだとこれから迎える酷暑に耐えられないでしょうからね。徐々に馴れておかないとね。

そういえば本日、渋谷の街でセミの声を聞きました。ミンミン蝉かツクツク法師の鳴き声ですよ。
「もうセミの時期?随分と早いなぁ・・・」と思っていたら、タワーレコードの街頭モニターからの「効果音」でした。
さすがに6月に入ったばかりでセミは無いよなぁ・・・。

最近、季節の感覚というものが希薄になってきました。


  1. 2010/06/02(水) 23:06:23|
  2. 日々の雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「めがね屋」は、優しい

あえて、「アイウェアショップ」とは書かず、「めがね屋」と書きたい気分。

外観も立地も、お洒落で今どきなショップで、店員も今どきな草食男子or可愛い系女子なのに、驚くほど親切。なのだね。
これは、時間があったので立ち寄ったアイウェアショップでのハナシ。


この歳になると、こういうめがね屋らしからぬショップは敷居が高すぎるというか、場違い感に一歩足を踏み入れるのに
非常なる勇気が要る・・・。
扱っているフレームは若向けなのに2万円以上という高額なものだし、舶来モノが殆どというショップだけにね。
(だからこそ関心があってわざわざ寄ってみた訳だけど・・・)

けれど、入ってみるとなんだか心地良いわけで。

当方のかなり曖昧なイメージにさまざまなフレームで提案をしてくれるのが、ヲジサンには嬉しくてねぇ・・・。

今どきのアイウェアショップというと、イメージとしては、ツンツンしていて「オヤジの来るところじゃねえ!」みたいな冷たい
視線を浴びるのかと思っていたから、それこそ、この予想だにしなかった親身なる応対には面食らったという表現が
ぴったり。

昔の商店街には必ずといって良いほど在った「頑固オヤジだけど頼りになるめがね屋」精神がいまも残っているのだなと
感じた次第。
ショップも店員も“見た目”は、昔と今では全く正反対だけどね。

今回は、どんなものがあるのかを知りたくての訪問だったので購入までには至りませんでしたが、色々な意味で大いに
勉強となりました。


  1. 2010/06/02(水) 22:18:46|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮脇賣扇庵 in Tokyo

都合良く。
銀座に行く用事ができたので、ほんの短時間ではありますが寄ってきました。

宮脇賣扇庵(東京支店) 公式サイト

ここは、美の壺(NHK教育) 扇子の回で知って以来、非常に気になっていた店です。
本店は京都ですが、銀座に支店があると知っていつかは寄ってみたいと思いつつ随分と月日が経ってしまいました。

東京支店は驚く程こぢんまりとしたもので、京都老舗の奥ゆかしさを感じさせるものでした。
しかし、店内にはそれこそさまざまな扇子が所狭しと展示されておりました。
成る程、扇子だけに場所はとらないと。だから大きい店は必要ないわけなのですね。

今回は「龍馬扇」というものが気になっているのですが、大きさ(長さ)が数種類あると聞いており、そのサイズ感を
知りたいと思っての訪問なのです。

あっ、「龍馬扇」というのは扇面が柿渋引きのとてもとても渋い扇子です。
オトナの男が持つには最適な扇子といっていいでしょう。

果たして、サイズは3種類ありました。
約22cm、約25cm(8寸)、約27cmくらい。の3種です。
便宜的に小・中・大としておきます。

小と大には扇骨の部分が「唐木」と「黒タキ」の二種類があって、中は「唐木」のみ(だったと思います。展示品の都合かも)
扇面の柿渋の色は黒・紺・茶・からし・朱・草。

実物を観た感じでは「中」がジブンの用途に最も合うサイズかな、と。
小はインパクトに欠けるし・・・。大は持ち運ぶにはやはり大きいかな。
扇面はやはり「黒」でしょうか。「茶」「からし」も捨て難いですが。
悩みどころは、中と大は同一価格(4200円)ということ。

黒(黒タキ)のオールブラック龍馬扇の「大」をバサッ!バサッ!と煽るのが似合う男でありたいところですが・・・。


  1. 2010/06/01(火) 23:22:09|
  2. 買い物・ブツヨク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Time

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

Twitter

@opus_opus からのツイート

月別アーカイブ

日めくりカレンダー

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: